the Bobathsボバース・コンセプト(Bobath concepts)は1940年代 ロンドンのボバース(Bobath)夫妻(神経学者の夫カレル ボバースと理学療法士の妻ベルタ ボバース)によって考案されたリハビリテーションの考え方(概念)で、脳などの中枢神経系が傷害されることによって生じる姿勢や運動の障害を神経生理学的に分析し、また、ヒトが新生児から1歳前後までの発達過程であらわす姿勢や運動、知覚や認知の発達過程を基に、発達学的考察を取り入れた先進的なリハビリテーション治療の概念とそれに基づく支援です。

現在も世界中で中枢神経疾患(大脳や小脳、脊髄の病気)の患者さんのリハビリテーション治療に応用、実践されている評価や治療の「考え方」です。

ボバースの治療に対しては、「ボバース法(Bobath method)」・「ボバースアプローチ(Bobath approach)」・「ボバース概念(Bobath concepts)」などさまざまな表現をされていますが、ボバース概念、ボバース・コンセプトと捉えるのが適切だといえます。

これは、ボバース夫妻自身の「リハビリテーション治療においては、多種多様な患者や、また同じ患者でもその日その日の状態にあわせて、毎回最良の対応するためには、画一的な方法論は存在しない。」という考えに基づいています。

ですから、彼ら自身が「ボバース法」ではなく、「ボバース・アプローチ」・「ボバース概念」という名称を提唱しています。

現在、正式には、主に成人の脳卒中片麻痺患者さんに対して行われる援助を「ボバース概念に基づく治療(神経学的リハビリテーション)(Neurological rehabilitation based upon the BOBATH concepts)」、脳性まひなど発達障害を伴っている中枢神経疾患の患者さんに対して行われる援助を「神経発達学的治療(NDT:Neuro Developmental Treatment)」と定義しています。

ボバース夫妻は1991年に他界されましたが、国際ボバース講習会講師会議(IBITA:International Bobath Instructors Training Association )その後も世界中の多くの後継者たちによって、継承、さらに発展を続けており、英国ロンドンのボバースセンターと並んで、「ボバース記念病院(大阪市)」「森之宮病院(大阪市)」がボバース概念の中心的な役割を担っています。

当ステーションでもボバース・コンセプトに基づいた看護、リハビリテーションを行っております。

理学療法士 丸山哲矢