ステーション便り「クローバー」発刊にあたって

理学療法士 丸山哲矢

年が改まってはや二か月。ステーションを開設してから足掛け三年、もうすぐ一年半になろうとするこのタイミングで、情報誌を創刊するのもお恥ずかしい話ですが、実は、開設前から何らかの形でみなさんに情報を発信する機会を作らなければ!と密かに思いを温めていました。

しかし、実際開設してみると、不慣れな仕事の連続で、みなさんにご迷惑をおかけすることもしばしば…。ついつい後回し、後回しになって、こんなタイミングになってしまいました。

さて、とはいえ、現在、巷にはたくさんの情報発信源があり、健康に関する情報や医療の情報もあふれている。そんな中で、この限られた紙面の情報がどれほどみなさんのお役に立てるのか?いまさらながらこの期に及んで尻込みしてしまいそうですが、自分たちらしい情報をわかりやすく発信していけたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

エコが叫ばれている昨今、せめて読んでから分別していただけるように、おもしろい記事、分別しやすい紙を心がけたいと思います。

編集長敬白